カモネギー

2013年結成。

オルタナティブポップバンド

独特な世界観を持つ楽曲・歌詞に洗練されたバンドアレンジ、キャッチーでありながら後ろ髪を引かれるようなサウンドが魅力。

TPOに応じてフルバンド・アコースティックトリオ・デュオと編成を変化させ、都内ライブスペースにて精力的に活動中。​

カモネギーリーダー。

 

愛媛県佐田岬半島出身。校時代から音楽活動をスタートさせ、様々なジャンルでバンド活動を経験する。

 

自身が作曲を担当するバンドで、さいたま市主催タケカワユキヒデ氏プロデュース「The登竜門」グランプリ、柏市主催「音街っく天国」グランプリを受賞。

 

その後、満を持して作詞・作曲・ボーカルをつとめるバンド「カモネギー」を結成。

 

強力なサポートメンバーを得て、

制作&演奏活動を展開中!

 

​近田 大輔(チカタ ダイスケ)

  • Facebook Social Icon

​(サポートメンバー)

49937772_296385967892903_117834366513997

​尾上 宗之(オノエ ムネユキ)

神奈川県川崎市出身のロックギタリスト。

これまで、現在も多数のインディーズ系バンドでリードギターを任され、多方面からその実力への信頼は厚い。

精確かつジャンルを問わず呼応する多彩なプレイワーク。空間に強く直線的に伸びて広がる音色。

​どんな状況でも最高の音を奏でる、

云わばザ・ギタリスト。

カモネギーにはバンド結成時から参加。

そのロックフィーリングでロックの持つ衝動性とパワーを曲に演出している。

臼井 雄飛(ウスイ ユウヒ)~Chama~

高校時代にベースと出会い、音楽専門学校へと進学。在学中よりライブハウスやジャズバーをはじめ、ブライダルシーンや中部国際空港セントレアでのライブイベントなど多数経験し、Blue Noteのステージにも出演。

 

専門学校卒業後、米国バークリー音楽大学へ進学し、

帰国後ベーシストとしてのキャリアをスタート。

 

エレキ、ウッド、アップライトベースにおける幅広い知識と歌心のあるフレーズが定評を博している。

​カモネギーでも軽快でその歌心溢れるベースプレイを存分に発揮している。

齊藤 慧(サイトウ サトシ)~Sammy~

Percussion, Didgeridoo,WaveDrum 奏者。

15年間続けた子役を引退し、音楽に魅了され単身カナダへ。

シルクドソレイユ・ロンドンオリンピック開会式・TED等に出演の『Dr.Draw』に参加し年間300以上のショー・TV出演をこなす。

帰国後、セーンジャー・梶芽衣子・KAO=Sなどのアーティストと共演。

2018年にはKAO=Sと共にドイツ・ニュージーランドのフェスに出演。

カモネギーではフル編成にてリズム装飾、

トリオにてリズム形成と異なる二つの役割を担っている。

 タカ ミト 

​ミュージックスクールドラム専攻を卒業後、現在まで多数のバンドでドラマーとして活動。

その経験から対応力があり安定感のあるプレイ、さらに必要とあらば放つ力強いプレイが持ち味。

また近年は自身が作詞・作曲・ボーカルをつとめる

「ミトモー」での活動等、ドラムサポート以外にも音楽活動の幅を広げている。

カモネギーではフル編成にてドラムスを担当し、リズムの屋台骨を担う。

 

​同時にコーラスも担当。

​市川 空(イチカワ ソラ)

洗足音楽大学在学中のジャズピアニスト。

二十歳。

即興演奏を得意とし、高校生の時からソロやバンドで様々なライブに出演する。

現在、自身のソロ・リーダーバンド他ジャズの演奏活動を積極的に展開中。

さらにポップスユニット「オトノグラム」のピアニスト他多ジャンルで活動中。

2018年カモネギーとの初共演の折にリーダー近田がその天才性に惚れて即スカウト。

直後よりカモネギーに参加。

Hatsumix(ハツミックス)

​幼少より音楽に親しみ幾多の楽器・機材に精通。

 

シンガーソングライターとしてメジャーの場で経験後、現在はレコーディング歌手、カホン奏者として活動中。

さらに他アーティストの作曲・編曲からレコーディング・音源MIX等コンポーザーとしての仕事と、独自の活動を展開。

カモネギーでは2016年より、

その音楽的センスと耳・知識を信頼され、リーダー近田の依頼で共同で音源製作の場を担当。

音源でのプログラミング、また音源エンジニアとしてレコーディング・ミックス・マスタリングの役割も担う。